スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年度 大分県 小学校教員採用試験

472人が受験し、41人が合格。
倍率は11.5倍だった。
収賄罪で起訴された県教委義務教育参事、
江藤勝由被告(52)は不正工作の依頼を受けた約20人のうち、
実力で合格した受験者を除く15人ほどについて加点したという。
(7月11日 大分合同新聞の夕刊から)

大分は、学級崩壊率が高いらしい。



スポンサーサイト

コメントの投稿
非公開コメント

トラックバックURL
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。