スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冷たい風 春夏秋冬 我道

新年度から職員室の席が「斜陽族」になって?
インターネットが入るようになったので!
昼間、仕事の脇見?で、
万年青さんのコメント返しをしました(ごめんなさい。誰に?)

踊る!さんま御殿!!で、木下優樹菜が
「我が道を行く」を走って?『我道』と言ってました。
ものすごいインパクトでした?
(俺は、テレビ好きだなー!それも考えなくていい!? バラエテイ)
(ジュンラジーニさんは見ないだろうな!?)

今日の大分合同新聞の夕刊に、泉谷しげる 氏 が
赤いちゃんちゃんこ を 着ている写真が載ってました(アハー!)
「春夏秋冬」の泉谷氏も「コトー先生」の泉谷氏も
「赤いちゃんちゃんこ」の泉谷氏も、大好きです。
『人生に正直だ!!』と思います。

そして僕の詩も週に3篇掲載の狭き門をかいくぐって??
紙面の100平方cmを占領してしまいました。
(日曜から1年生の教育合宿の引率に行ってて、今日帰って来られた
 クロさんからのメールで、 掲載されたのをしりました。
 受信の時は整体から家に車を入れた時でした)

 冷たい風

冷たい風が 吹く
 負けまいと がんばる少年なら 逞しい

冷たい風を 心まで 吹き込んで
じっと 丸まっている 少年も いる
 時を止めて 丸まっている 少年を 
 ほっとけない 僕がいる
 求めているのか 分からないのに
 話を 聴き出そうと している 僕がいる

ほっといて! と 言っている少年は
ゆっくり 見守る方が
君なりに この時 この場所 を
乗り越えて 行けるのかも しれない

 世の中は 多種多様に なった からか?
 大人でさえ 少年だから
 多種多様に こころ を 動かしている

(全体的な平和が続いているこの国ですが
個人の平和は少年の平穏は時々侵されます)

 明るく 暮らして いても
 突然 襲ってくる 不幸が
 からだ や こころ を 傷を つける

突然 襲ってくるもの は
周りから 大人 から は
とっても 小さく 見える ことも ある
その 小さな こと でも
大きく捕らえる 少年が 多くなった

 もう 根性論は いらない
 小さな 子供では ないから
 なぐさめ ばかりでも いかがなもの か

君が 乗り切らないと いけない よ
君の 人生 だから 


  『個人の平和は少年の平穏は時々侵さます』は、パソミスか?!
   最初「個人の平和は少年の平穏は時々侵さます」でした。
   すぐ気が付いて、訂正を葉書に書いて送りました。

  「からだ や こころ を 傷を つける」は
  『からだ や こころ  傷を つける』だったな!と
   しくじった!と思い掲載は厳しい!と思ってました。

   (僕の詩は、堰切って流れる水を作るので!
    推敲推敲が必要?なのです。
    日本語の助詞は難しい!女子は得意??なんですにゃー???)

『冷たい風』は ずっと思っていたテーマなのですが
なかなかまとまらなくて未稿のままにしていました。
やっと出来上がったのが3月です。それをすぐに大分合同新聞に送りました。
掲載を諦めていたのですが、昨夜の夢が正夢になってしまいました。

『冷たい風』のモデル(勝手に!で、ごめんなさい)生徒は、
1時間目の僕の授業の最初に身なり検査をした時に、
子供っぽい言い訳をしたので、怒ったら か ?お腹が 痛かったから か?
2時間目の卒業アルバムの個人撮影さえもせずに!
早退しました(どんな理由があっても無断早退は、いけません)

明日は、ゆっくり じっくり 話して 少し 考えてもらいます。
スポンサーサイト

にぎにぎさん、こんばんは。
 詩が新聞に掲載されると、はずみがつきますね。
 僕は「詩のボクシング」が終わってから、すっかり詩とはご無沙汰しています。
 マスコミなどではなかなか伝えられないことを伝えていくという「メッセンジャー」という立場が好きなので、かなり無理をしないと詩を創ることができないでいます。まあ、インプットの時期なんでしょうね。
 僕は、詩を含めて、フィクションを作るのがとても苦手です。今年は8月までに短編小説をひとつ作るのが目標です。体質的に長めの作品の方が性に合っているように思います。

 たしかに「さんま御殿」は見ないですね。でも、土曜日深夜の「明石家電視台」はよく観ています。「地球特捜隊ダイバスター」も好きです。「ノブナガ」のエッチな部分は他のことをしていて、最後のえりちゃんとかいう芸人が、名古屋でみそ煮込みうどんを食べるまでひたすら旅をするという企画だけはだらだらと見ています。
 バラエティは見出すと、とまらなくなり、後にはあんまり何も残らないので、なるだけ見ないようにしていますが、それでも、週2時間くらいは見ているように思います。「はねるのトびら」は一時期はまりましたが、もう、二カ月くらい見ていません。
Jun Rajini | URL | 2008年05月13日(火) | コメントを編集 |
Jun Rajiniさん
新聞などに詩を投稿しているのは、
自分が書いたものを専門家?が
どのように評価するのか?を
確かめるためです。
とは言っても?掲載されると
とても嬉しい限りです。
(詩のボクシング用は原稿用紙5枚(朗読3分以内)
 詩の投稿用は2枚と決まっているので使い分けが
 難しいですけど)

バラエティは、やっぱりあまり見ませんか?
普段頭使っていないのに!僕の場合は
頭休めです。
(深夜は寝てるのであまりみてませんけど)

短編賞小説の執筆!がんばってくださいね☆
出来上がったら!読ませていただけると
嬉しいです。
にぎにぎ | URL | 2008年05月14日(水) | コメントを編集 |
コメントの投稿
非公開コメント

トラックバックURL
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。