スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テオ・ヤンセン講義(今日の大分合同朝刊の、にぎにぎの記事)

わたしが勤務する高校がストランドビースト(ビーチアニマル)を作らせて頂いていることもあって、7月10日に大分市美術館であった「テオ・ヤンセン氏講義」に行かせて頂いた。生徒9名教員2名で、学ばせて頂いた。「大分の若者たちへテオ・ヤンセンからのメッセージ~想像力をはたらかせ明るい未来を創造しよう」が、テーマだった。17歳の時はパイロットになりたかったと語り始めるテオ・ヤンセン氏は、とても優しかった。11歳の頃から興味を持ったプラスチックチューブは最初は吹き矢にして遊んでいたという。海岸を歩いていた時に「ここに何かあったら面白い」との発想でビーチアニマルが生まれたという。このチューブを「テオ・ヤンセン理論で組み合わせて作った造形物」への愛情のこもったテオ・ヤンセン氏の言葉は、とても熱かった。「動く芸術!」を創造したテオ・ヤンセン氏が「21世紀のダ・ヴィンチ」だと言われていることがよく分かった講義であった。(400字、以内)





にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ
スポンサーサイト

コメントの投稿
非公開コメント

トラックバックURL
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。