スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いっせいのせい!?僕らは今を生きる?

昨日の大分県別府市「太陽の家コミュニティセンター」での
ユニバーサル劇団「まぜくる☆別府」
(NPO法人自立支援センターおおいた)
の初公演は、
とても感動した。

いっせいのせい!?僕らは今を生きる?
演出 清水典子さん 作 平野雄作さん 脚色 日下渚さん


妻と共にあったかい余韻に、ひたらせていただいた。

役者の一生懸命さが、心に響いた。
(平野雄作さん、とっても元気な演技で、とっても良かったよ)


劇団代表の若杉竜也さんが
大分合同新聞の取材を受けた際、このように話されていた。

「障害者、健常者が一緒に舞台をつくっていく中で、
 お互いに考え過ぎず“普通”に接していいんだと実感した。
 見る人に伝え、障壁をなくしたい」


(勝手に載せてすみません)

NPO法人自立支援センターおおいたの取り組みは、前向きで、
チャレンジ精神旺盛だ。

昼間の仕事が忙しいのに、
「共生社会」の実現のためにいろんなことを企画して、
実現させるとは、とても頭が下がる。

このセンターの取り組みが、
「人をおもいやる優しい世界」の実現になればと、
微力ながら、私も応援・協力したい。


にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ
スポンサーサイト

コメントの投稿
非公開コメント

トラックバックURL
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。