スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アーユーボーワン

友だちのスッチーは
スリランカからやって来た

スッチーは
別府の大学院で勉強している
スッチーは
スリランカカレーを作って
ぼくらに食べさせてくれる
ピリッと辛くて甘い味は
スッチーの頭がきれて優しい感じ
そのものだ

「スッチー
スリランカ って どこ」
『日本の西 インドの下
お米のような形をした島
昔セイロンって言ってた
 紅茶が有名な国』

インド人は ふっくらしてるイメージ
スリランカ人は 細い感じ
ぼくの先祖は スリランカ人かな
でも父親は インド人のイメージだった

「スッチー
 スリランカで こんにちは って
 どう言うの」
『こんにちは も さようなら も
 アーユーボーワン

アーユーボーワン
温かい響き
アーユーボーワンとは
長生きしてください

あいさつ が
長生きしてください』って
とっても素敵なことだ

ぼくは これから
会う人会う人に向って
アーユーボーワンと祈って
『こんにちは』って言おう

別れる人には
涙がこぼれ落ちる前に
アーユーボーワンとすがって
きみの後ろ姿が見えなくなるまで
『さようなら』と手を振り続けよう





にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ
スポンサーサイト

コメントの投稿
非公開コメント

トラックバックURL
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。