スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大分合同新聞読者の声2010.9.23

「私の声」を掲載して頂いた。
(それも「読者の声」のトップで)


昭和の感動を伝えたい
 
 過日、日本近代文学館「夏の文学教室『昭和』という時間」を受講するため、東京に行った。詩人の伊藤比呂美氏が「三無主義の昭和」、劇作家・俳優の唐十郎氏が「昭和元禄の徒花と呼ばれたテント」、美術家の横尾忠則氏が「三島由紀夫氏との日々」という題目で講演した。


(中略)

 芥川賞の選評で石原慎太郎氏は「現代文学の衰弱」と評していたが、昭和の時代の感動を、私は詩作を通して伝えたい。


全文は、本日の大分合同新聞をお読みください。

大分合同新聞様、どうもありがとうございます☆

(ところで大分合同新聞文化教室に
「自由に詩をつくろう!」講座は、できないんだろうか!?)






にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ
スポンサーサイト

コメントの投稿
非公開コメント

トラックバックURL
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。