スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

詩のボクシング長崎大会へ520kmの運転

あーしんど。





決勝1回戦では、
実体験詩は、テクニック詩に負け続けました。

ゴミの(分別?) こども(?) しろちゃん(愛猫の死、詩) は、
負けました。

実体験詩には、涙が出ました。






キャットテール選手(佐賀では「公歩(こうほ)」選手?)が、
チャンピオンに輝きました。


にぎにぎ選手は、決勝1回戦で「銀杏の絨毯に囲まれて」を朗読しました。

キャットテール選手に敗れました。

「公歩(こうほ)」選手だと思っていて、
名(命)詩「あっこ」は、2回戦で対戦するはずだと思っていた
宮崎県延岡市の「フジサク」選手への挑戦状として、
温存していました。

女性になりきり朗読が、良かったかな!?
エロ(真の愛)朗読が、良かったかな!?

予選で朗読した「長崎が一番熱くて
            一番涙した日」は、
代表から「長崎だからこの詩を作ったの。(面白くないな)
他に詩をいっぱい持ってるよね!?」てな、
コメントを頂きました。








大村湾の透明な輝きと、群青色の海に、叫びたい。

「次はどうしたらいいんだ!!」


にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ


スポンサーサイト

コメントの投稿
非公開コメント

トラックバックURL
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。