スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫(ね)― ここに 来い

妻と いっしょのとき
妻は 見つけて
妻は 突然

妻 用事
妻 猫に走る

走る 走る 走るうー ううう・・・
まっしぐらに 猫に

猫 妻に
猫(ね)― ここに 来い

猫 捕まえられた
猫 突然

抱きかかえられた
ほっほー 頬ずり も 
しますか にゃー

いっぽう
後ろ姿の もうひとり の
猫 は

おにいさん おいで
鬼さん おいで
おねえちゃん おいでおいで
 
でもでも

僕を抱っこは 無理 

にゃー

こんなん
書いてる僕は
猫村さんでは ないい

きむら さん だっちょ



気い むら
さん だっちょー

ぼくが ぼくが
癒されているのは
妻の 猫への 愛 が
僕に 繋がって いってる からーーー

だと

しんじて る

猫(ね)― ここに 恋い



別府市元町竹瓦

 詩の 文字は その詩をアートとしてとらえて
 その詩 の 息づかい で 選ぶ



にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ
スポンサーサイト

コメントの投稿
非公開コメント

トラックバックURL
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。