スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏に羽ばたくために

夏の陽射しは
僕にとっては とてつもないキラメキ
外に出るのを 頑なにためらう

向日葵の笑顔は
僕にとっては 嫌味な明るさ
鮮やかな黄色に 頭がくらくらする

でもこのまんま では だめ
立ち止まったままの僕は 若過ぎる

さようなら 桃色の季節
さようなら 緑の風
さようなら 降りしきる透明な雨

さようなら 君  さようなら

今日は早起きして
やどかりもまだ眠る
夜明け前の海に行こう

陽射しが降り注ぐ前にね

君の笑顔を ひおうぎ貝に写して
桃色の貝を
遠くへ 遠くへ 飛ばすんだ

君との季節を置き去りにして
僕が生まれた夏に
羽ばたくために




8月のフォトポエム展(トキハわさだタウン内の「お茶の若竹園」)
に寄せて、
作ってみました。


にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ
スポンサーサイト

コメントの投稿
非公開コメント

トラックバックURL
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。