スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「あっこガーデン」

17歳のまんまの君は
練習試合も出来ない位狭いグランドの
片隅で

17歳のまんまの君は
野球の練習のお邪魔をしないように
ほんの片隅で

ピンクのチューリップになって

真っ黒に日焼けした野球少年達を
見つめている

「あっこ」
君が亡くなって1年半が過ぎた

病院での癌の治療を止めて帰って来た後
顔一杯のマスクをして
精一杯生きていた
「あっこ」を知っているみんなは

「あっこ」の願いを
いっぱいいっぱい夢がつまっている
でっかいでっかい甲子園に
連れて行こうと誓っている

「あっこ」の書いた
「心」の文字の入った
真っ赤なTシャツを着て

「あっこ」
もうすぐ君が羽ばたいた夏が来ますよ

君の姿を知らない後輩たちは
「あっこガーデン」のチューリップに
水をあげる度に
精一杯生きた「あっこ」と共に
甲子園に行こう

土埃の舞う小さなグランドで
ぼろぼろになったボールを
追い続けています



にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ
スポンサーサイト

コメントの投稿
非公開コメント

トラックバックURL
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。