スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

詩は、なんでもあっていい。

詩集「夜のミッキーマウス」の中の詩
なんでも○○んこ
谷川俊太郎氏は、詩の朗読ライブでも絶叫?している。
(Hな詩?が好き。赤裸々な詩が好き)

通勤電車でよむ詩集(小池昌代編著)
ひとつでいい トーマ・ヒロコ
・・・
・・・
・・・
この世を生き抜くためには
挨拶はひとつでいい
「お疲れ」だけで事足りる


(みんな疲れきっている!?)

昨夜NHK総合で、スガ・シカオ氏を見た。
28歳からの遅咲きのスガ・シカオ氏は、
詩(詞)をとても大切にしている。

スガ・シカオ氏は忙しいのに、
一般の人の詩を読んでくれる。





にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ
スポンサーサイト

コメントの投稿
非公開コメント

トラックバックURL
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。