スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TAOに捧げます

TAOに呑み込まれた僕達は魂を響かせる


TAOは 北風を吹き飛ばす勢いで
太鼓を叩く叩く 叩き続ける

TAOの肉体は 
冷たさを熱くして湯気を立ち上らせる
湯気のひと煙りひと煙りは
虎になって虎になって
僕達の心の奥の奥に向かって
襲い来る

TAOの肉体は
みなぎる力をほとばしる汗に換える
汗のひと粒ひと粒は
虎になって虎になって
僕達の魂の奥の奥に向かって
襲い来る

いつのまにか獰猛な虎になったTAOに
呑み込まれた僕達は
TAOの真ん中で叩く叩く
魂を振り乱して 叩く叩く

TAOと僕達の魂は一緒になって
地上から大空へ 
強烈なメッセージを
急上昇させ続けた






久し振りに!
大分合同新聞に詩を掲載して頂きました。

正月に大分市のパークプレイスで、久し振りにTAOに逢いました。
詩のタイトルは「TAOに魂を響かせる」に、なってました。

(選者の○き○○いが、あっていいはず。最近は僕なりの?詩を冒険してるから??なかなか、載らない)

帰宅後、
今日も
 の
練習をしました。

 で
紹介している詩集「おにぎり は すりすり」は、
大分市中央町の「晃星堂書店」と大分市古国府の「カフェセカンドフィルド」で、
販売しています。
昨日先輩が「晃星堂書店」に行ったら、
後1冊しか無かったそうです。

尚、
フォトポエム展に上の二つのフライヤーを置いてます。
どうぞ、お手にとって持って帰ってください。



購入していただいた皆様♪ ありがとうございました☆


にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ
スポンサーサイト

コメントの投稿
非公開コメント

トラックバックURL
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。