スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炎 炎 炎 ・・・

あの朝。。  僕らは、身も心も揺れた。
大地が、僕らをなぎ倒した。
大地の我が儘な躍動が、僕らのほんのちょっぴりの自信さえ、
崩れさせた。

何故

僕らの神戸が、倒される。
僕らの神戸が、炎に包まれる。
嫌、僕らの神戸を、炎が呑み込む。
嫌嫌、神戸の命を、炎が呑み尽した。

何故 何故え


あの日から
僕らは炎が嫌いになったはず。

なのに

続く続く 今も 続く ・・・

炎が勢いを増す ・・・


別府の煙は、
温泉だけで、たくさんだ。

なのに

僕らの別府を、炎が呑み込む。
僕自身の近くなのに ・・・
別府の たった一つしかない命たち ・・・

炎 炎 炎 ・・・

もう僕らの命を 、 呑み干さないで

ください。。。







にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ
スポンサーサイト

コメントの投稿
非公開コメント

トラックバックURL
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。