スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

詩人とは、何をなす人か?

「Coyote」No.40の特集は、
『谷川俊太郎、アラスカを行く』であった。


リン・スクーラー氏は、
彼の家で谷川氏とリン・スクーラー氏の5人の友人と語り合った。

(リン・スクーラー氏の文章の引用)

一人の女性が五年間の付き合いの中で一度も肉体関係をもたず、
心を開いてくれなかった男性との話をしてくれた。
彼との関係が終わった後、こんな想いをするのなら
もう二度と愛なんていらないと感じていたという。
この気持はよくわかる。
一度火傷をしてしまうと火を恐れるようになる。
しかし、そのあと彼女は微笑み、
谷川さんの詩を読むまではそういう風に
感じていたのだと言った。
愛と希望についての詩を読んでから、
彼女は気持が変わり、
もう一度幸せになる為に心を開いた。

今、彼女は結婚して子供がいる。

私はようやく理解できた。
詩人の仕事とは、人々の人生に触れること。
谷川俊太郎、七十八歳。
ということは、六十年間詩を書き続けていることになる。
もし、彼女の人生を変えたかもしれない言葉を書いていなかったら、
この若き女性の幸せな結婚はなく、
子供もまだ生まれていなかったかもしれない。


(略)

詩人の言葉は彼が決して出会わないかもしれない人々に
影響を与える。
素晴らしい詩は何千年もの間に、誰かの人生を変えるかもしれないのだ





「谷川さんの様になりたい!」と書いたら
妄想と切り捨てられるだろうか!?

泣き言ばかりの私が作る詩でも、
誰かの人生を良い方向に変えることが出来るのだろうか?

これからの私の課題である。


にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ
スポンサーサイト

コメントの投稿
非公開コメント

トラックバックURL
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。