スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「あっこ」の詩

土曜の夜
「どうしたら?『おにぎり は すりすり』に興味がある人が増えるかな!?」と
思った。
甲子園大会が近いので「あっこ」の詩をピックアップして
朝日新聞に『おにぎり は すりすり』を贈ろうと思った。

そこで日曜の朝、朝日新聞に手紙を書いていたら母が家に来た。
その朝の朝日新聞に「あっこ」の記事が載っていたと、
母の友人が母の所に持って来たのを、
母がわざわざ持って来てくれた。


『おにぎり は すりすり』の中の「あっこ」の詩。

(詩のボクシング佐賀大会で朗読する予定である。
 土曜もマイクに向かって、ビデオを撮った)

『おにぎり は すりすり』をクロネコメール便で出してから、
昼食に行った。
他の人のブログを見ていたら、別府観光港でフェスティバルをしているのを知ったので、
急遽、場所を変更した。
観光港に着くまで、妻とはほとんど会話を交わさなかった。
 
観光港で僕はとり天を食べた後、2階では「マンピーのGスポット」を演奏していた。
かっこいい!

フリマで

を買った。250円にしてもらった。
(ブログで知ってる人がいたが、恥ずかしくて声を掛けられなかった)

あーそう??
今日は職場の研修会だった。
「あっこガーデン」のある野球部のグランドの横であった。
全体会はカウンセリングの話だった。
講演が終わって質問が無いか聞いた。
僕は生徒に理解させるためには「図に描いたりすることが必要か?」等と
質問しようと思ったが、恥ずかしくて先輩先生達の前でおこがましくて、
結局黙っていた。

全体会が終わった後、ある偉い先生が、
唐突に?
「『おにぎり は すりすり』でしたっけ?
「あっこ」は野球部のマネージャーのことでしょ!?」
詩を書いていたり詩集を出したりが職場では価値が無いことなので、
大変驚いた。

にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ
スポンサーサイト

コメントの投稿
非公開コメント

トラックバックURL
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。