2011年05月 のアーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福岡「冷泉荘ポエトリー」(詩のショーケース)



15人の「詩の朗読」
いろんな詩があって、いろんな表し方があって、
いろんな声があっていい。

観客に立ってもらって、目をつぶってもらって。
朗読を聴かせた「網野杏子」さんは、さすがだった。
僕の手にそっと乗った詩は、優しかった。

みんな、
詩に向かって真剣だった。

朗読する機会を作って頂いた「渡辺玄英」さん、
「夏野雨」さん、どうもありがとうございました。

佐賀や福岡の詩の仲間と、久しぶりに会えて、
いろんな話が出来て、楽しかったですよ。

にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ
スポンサーサイト

冷泉荘(福岡詩中洲川端)ポエトリー

明日は、早朝から福岡に行って来ます。

午後3時からの「冷泉荘ポエトリー」に参戦?するためです。

「にぎにぎ」は、17:50頃、15分間も朗読します。

 ヒサチュウ
 おにぎり は すりすり
 甘えることが許されなかった きみへ
 あっこ
 明るい笑顔で みんなを幸せにしたい
 海は嫌い
    を、朗読します。

 怖いもの見たさ、冷やかし等、
 いつでも、ちょっとだけでも、無料です。


どうぞ、いらっーしゃーぁーい!!


梅☆星さん。勝手に貼り付けてごめんなさい。
NPOかぐや姫(大分)でグランプリにも輝いたことのある
梅☆星さんは、福岡を拠点に、元気なそよ風を、奏でています♪


にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ

明るい笑顔で みんなを幸せにしたい

深い群青色の海は 今日は泣かない

淡い紫の空を狭くする大きな黒い雲

そういった空の厳しさに負けまいと

ことし はじめての 太陽が

僕達に 元気な顔を 見せてくれた


僕も 君を見習って 困難を乗り越えたい

僕も 君の様に 明るい笑顔を絶やさずに

人々に 幸せを 届けにいこう





にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ

カタクリの花咲く頃

夢のあとさき問うこともせず
ただひたむきな瞳まぶしい
君の手を取り歩いた丘に
春を待ち切れぬカタクリの花
あ~信じてた握った手の
優しさだけで生きていけると

交わした約束は風に吹かれて
あれから何度目の春だろう
君は十六の面影のまま
立ち去るそのわけを告げもしないで
あ~咲いてるだろう今年もまた
薄むらさきの花びらたち

風のまにまに舞い落ちる夢
ただひたすらに愛おしい
そんな夕暮れに思い出すのは
春の届け物カタクリの花
あ~忘れない長い前髪
掻き上げ口づけた白い額に
あ~なぜ目を閉じるのか
空・風・雲・全て美しい




「カタクリの花咲く頃」は、
ミュージシャンの万年青(おもと)氏の詩。
万年青氏は、
明晩、大分市府内5番街のライブハウス「十三夜」に出演します。
リクエストしたら「カタクリの花咲く頃」を、歌ってくれますよ♪


万年青氏から送られたメールの一部も紹介します。

 何年か前に、
自分の東北の血に敬意を表して「カタクリの花咲く頃」
 という曲を作りましたが、
あまりに乙女チックというか可愛い曲で気恥ずかしく
 最近封印していました。
その曲を今あちこちで歌っています。
 そんなつもりで作ったのではないのに、
受け取りようによっては、
春を知らずに
 散った若い命への哀惜のような歌詞で・・・
歌ってて泣きそうになります。
 今、岩手はカタクリが満開だとか・・・
 


万年青氏と「にぎにぎ」は、
「座・僕さー」(弾き語り&詩の朗読)でも活動しています。


にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ

そよぐ緑そよぐ風

みずみずしい風に
ささやかれて
目が覚める頃

そよぐ緑

聳え立つ木に
耳をくっつけて
地球が生まれたときの物語に
抱かれる

そよぐ風




にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ

川谷和也詩の「表現塾」

大分市報の募集を見て、
「能楽堂」での「表現塾」に参加させて頂いた。

講師は演出家・俳優・大学講師等の
マルチ文化クリエーターの「川谷和也」詩。

川谷詩は劇団「円」(芥川比呂志氏主宰)出身
(後輩に渡辺謙氏、字は?)で、
TOSテレビ大分「ハロー大分」で16年もメインキャスターを務めた人。


今は、福岡を中心に活躍されている。

ぼくは、
「松本清張生誕100周年記念公演」が
大分県宇佐市安心院町であった時、
聴いた川谷詩の「臨場感あふれる朗読の凄さ」に感動して、
その川谷詩が講師の昨年の「表現塾」発表会を観させて頂いて、
その巧みさに熱い思いを感じたので、
参加した。

(アナウンスや演劇をしようという欲は、チベットもない)

昨年、衝撃を受けた「外郎売り」のせりふは、とても勉強になった。

川谷詩の懇切丁寧な指導の温かさと、
「届け声の魂」「訴えろ機微の演技」という両輪の熱い情熱で、
心いっぱい真っ赤な血潮が急上昇した。


川谷和也詩、ありがとうございました☆

「表現塾」の先輩のみなさん♪
「ギリシア悲劇 オイディプス王」、がんばってくださいね。

原作:ソフォオクレス 脚本・演出:川谷和也詩
6/5(日)13:30開場 14:00開演 大分市「能楽堂」(入場無料)
入場整理券は「能楽堂」Tel 097-551-5511

(渡辺さん、ぼくは本名でとおしたから、
 わからなかったですね)


(川谷和也詩、勝手につかってすみません)


にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ

DAIGOのお酒?

島根県まで行って来た。
3日の朝6時に出て4日の夜11時に帰宅した。
車の走行距離は、1200キロにもなった。


(腰が痛い痛い)

錦帯橋に行って、松江に泊まった。
出雲大社に行った。


石見銀山は、車の駐車場所に困るくらい人が多かったので、
行けずじまい。

買った物は「DAIGOのお酒?」
酒のつまみばかり。

ウイッシュ?と言って酔っぱらうんだろうな??



にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。