2010年12月 のアーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来年は「スペシャル優秀」でありたい

今年は、みなさまに大変お世話になりました。

時には「にぎにぎ!わりぃよー!!」と、言われました。

来年は「にぎにぎ!スペシャル優秀!!」と、

言って頂けるようにがんばります。

(スペシャル優秀は略してスペ優
 スペシャル優秀よりもっと優秀!!!は、
 ウルトラスペシャル優秀☆です)

みなさま、良いお年をお迎えください。

(来年は、宇佐神宮の駐車場で寝てしまって、
 お参り出来ないことが無いように!?
 気を付けます)





にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ
スポンサーサイト

詩への旅2010.9~12月



 




 









 




 

他、他、他 ・・・・・





今日はPTAだった。

平日で雨。食べるための仕事が大変だから・・・

来年の2月の修学旅行の話より、その費用のために・・・

封筒にたくさんの資料を入れたり・・・

出席のデータ作ったり。
欠課の多い子が気になって仕方ない。
後、どれだけ・・・1時間も間違えないように !!

(気晴らしに?飛鳥涼さんの詩集「オンリー・ロンリー」で、
 心を癒したり)



にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ

ねこかまくらとゆきだるま



「寒い時は、かまくらの中があったかいニャー☆」

(にぎにぎは、灯油を買った)

「昼寝の後は、外に夜遊びに行くニャー☆」




妻が作ったマスコット

「ぼくはぶらーんと紐にぶら下がって、
 昼寝をしているおにぎりやにぎにぎを、眺めていまーす」




芸術家の風倉匠氏は大分工業高校出身なんだ。
(昨日挙式したソフトバンクに新加入した内川聖一選手の先輩だよ)

僕と同じ工業系?ではないか??
風倉匠展、ネオ・ダダJAPAN1958-1998のパンフレットより)

風倉匠詩に、注目したい。

そして?
風倉匠詩を写した荒木経惟詩に、今の僕を写してもらいたい。


にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ

詩への旅2010.4?8月







  






昨日は大分市の商業施設「パークプレイス」に行った。
映画「ノルウエイの森」を見た。
原作を読みなおしたくなった。教室に置いている。とって来なくっちゃ。

クリスマスプレゼントを買った。
妻はバッグ、そして僕は何故か?「広辞苑」。

福引もした。スノーマンのキャンドルをもらった。
クリスマスのイルミネーション、綺麗だった。


にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ

詩への旅 2010.1?3月












午前中は大分文化会館で、
「ノートルダム物語」(ショーマンシップ)を見た。

2時半から大分市トキハ会館での進学ガイダンス
引率・監督・アドバイスをした。

帰りに本屋に寄った。
かげろう」は誠実な文体だと思う。

(読んでない本がたくさんあるので、買わなかった。)


にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ

悩みはイバラのようにふりそそぐ

土曜は仕事を終えて、
「大分市美術館」シュルレアリスム(不条理と幻想の芸術世界)を観た。

パブロ・ピカソの凄さと淋しい気持ちが「貧しき食事」にあらわれていた。


その後、別府市での組合の「九州各県代表者会議」に行った。

泊まりだった。




寝る前に近所のブックマーケットで買った。

悩みはイバラのように
ふりそそぐ

山田かまち詩画集




大分市美術館で買った。

ネオ・ダダJAPAN1958-1998
(ネオ・ダダは、大分から?)
目立ちたいなら「包帯男」位しないと!


ーさわれる原風景を探すー
風倉匠展
○○ぽ男もいるよ?



にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ

天空の杜コンサート

昨夜、天空の杜コンサートに行った。

大分県佐伯市弥生町の霊峰尺間の第2Pであった。

baobabの音楽で癒され、
團塚豊氏の音楽で元気になった。


この二組が、メジャーでないのは不思議だ。

送迎、ホッカイロ、お茶、鍋のサービスまであった。

主催のローズ石油の社長さんは、
第1Pの僕らの車を見守ってくれていて、
コンサートは聴けなかったようだ。


スタッフの皆さん、心が温まるコンサートを
ありがとうございました♪


帰りは、
妻が買ったbaobabのアルバムarukを聴いて、
車を走らせた。

「風と窓と夕日」「荒野」他。
maikaさんの声は、澄みきった竹笛のようだ。








にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ

もしドラを

一気に読んだ。

「ドラッカーの『マネジメント』の本を参考にして、
 甲子園に行けるのだろうか?」とか
「ここまで多岐に渡る努力ができるのだろうか?」とは、
思ったが、とても面白かった。

たまにはみんなが飛びつく本も読んでおくべき。

尚、夕紀が亡くなるところは、
「あっこ」を思い出して悲しかった。





にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。