2010年08月 のアーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OBS大分弁放送にぎにぎ?横尾忠則詩は三島由紀夫詩を描いた

三島由紀夫詩を描く
横尾忠則詩の表情は、柔らかい。





女性を描く横尾忠則詩に、男が女性に求める赤裸々さ、
エゲツナサを感じる。


浅丘るり子ねえが、とてもエロチックだ。





「OBS大分弁放送」で「にぎにぎ」を、取り上げてくれた。http://obs-radio.seesaa.net/



「詩のボクシング長崎大会」で、朗読する詩
(3分以内での表現です)



予選

「長崎が一番熱くて
     一番涙した日」



ベスト16の「決勝トーナメント」に進むことを想定して。

?銀杏の絨毯に囲まれて

?
A 優しさ ⇒ 「ばあちゃん」+「甘えることが許されなかった きみへ」
B 夏の日 ⇒ 「夏に羽ばたくために」+「スクランブル交差点(夏の日差し)」
C おんな ⇒ 「あなたの りょう手 は」+「わたしの バラのまんなか」
D おんな と おとこ は 身も心もひとつになる
      ⇒ 「満開」 

敗者復活戦に回ることを想定して、?編を朗読します。
?の中からこころに響く詩、聞きたい詩は、どれですか?

よろしかったら、A B C D だけ、コメントをお書きください。

(決めるのは、
 長崎大会の審査員の感度を即座に考えた、にぎにぎ、ですので、
 冗談で、コメントをお書きください)
 



にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ
スポンサーサイト

借りぐらしのアリエッテイ 抱き締める

「借りぐらしののアリエッティ」の中で、

病気の翔の中指をアリエッティが抱き締めるシーンに、

涙が出た。






昨日、久し振りにスッチーのスリランカカレーを食べた。

  (スッチー♪最近の日本語の流行り?
     
   ⇒ なので

あっさりとしたスープぽくて、美味しかった。

ぼくは、カレーは、基本的に食べない。
酒のつまみには、ならないからだ?

小鉢にカレーを入れて出してほしい。

美味しいコメを分かる人は、少なくなったから?

宇佐米等の美味しいお米を売るのなら、
カレーを作ったらいい。

カレー好きな人は、多いから



9/11(土)の詩のボクシング長崎大会」の詩を、選んでいる。

9/11(土)は、仕事だが仕事の調整をして、参戦する。

「詩のボクシング」は勝ち負けは関係ない!?
と言う綺麗ごとが横行している。

大会に出るからには、チャンピオンを狙いたい

予選で1編、本大会で4編と5編は用意して行きたい。


「詩のボクシング全国大会」のために?妻からの要請で?
 飛行機とホテルの予約をするのが大変だった。

 お金もないし。

 ⇒ なので

 事前に調べて絞った旅行社3社に、電話した。



明日は、大分大学での「教職員免許更新制講習」の、
僕の選んだ講義の最終日だ。

今回も修了試験が難しくて、合否が不安だが、
そうは言ってられない?

おわたっら、
西大分港発のフェリーで雑魚寝して大阪へ。

横尾忠則詩の全ポスター展にドップリ浸かって来ます。



にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ

つかこうへい詩.戸田禎幸詩

少し前に「つかこうへい」詩が、亡くなった。

大分市コンパルホールに、

『大分市つかこうへい劇団』

『売春捜査官』を観に行ったことがある。


「愛しても、愛しても、

 決して報われることのなかった故郷五島への思い。

 決して報われることのなかった大和魂。

 そう李が血の涙を流しよったと言うちょきない」


     
              つかこうへい詩の叫び

             戸田禎幸詩の魂の雄たけび



「つかこうへい」死の前に「戸田禎幸」死が、あった。


戸田禎幸詩は、凄い俳優だった。





にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ

エマニエル夫人は、どこにいるの?

昨日、博多座での「ロミオとジュリエット(宝塚・星組)」を観る前に、
隣の「福岡アジア美術館」に行った。

美術館なのに月曜もやってた。
入場料はたったの200円だった。

アジア美術を堪能した後、
エマニエル夫人の椅子みたいな「スペシャルチェア」に
癒された。
椅子の室内?は、アロマな感じ?だった。


でも? エマニエル夫人はいなかった。






モニター見ながら、おいさんが自由に寝てた。
おいさんは、ブラウン管の前では熟睡できる!?





8階には、こんなんもあったよ。実に「おもしろい」


今日は早朝から整骨院に行った。
すみません?
9月になったら、行けるかどうか、
わかんないもんで。

この整骨院は、大分県立病院の道路挟んで向かい側にある。
朝6時から夜9時までやってるよ。
健康保険が使えて、治療費は何百円ですむよ。
若い先生が「礼儀・感謝・奉仕」(わが校の校是みたい?)で、
懇切丁寧に、治療してくれマンモス。

大分のエマニエル夫人♪ いってみてね☆・・・


にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ

ロミオとジュリエット博多座

昨日、博多座までロミオとジュリエット(宝塚・星組)を観に行って、
11時過ぎに帰宅した。

ロミオの柚希礼音、ティボルトの凰稀かなめ
ヘンヴォーリオの涼紫央、マーキューシオの紅ゆずる

とてもかっこよかった!

宝塚の男役の服を着たーーーいいい!!?

なんちゃって。






にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ

惚れてまうやろー!抱き締め隊が出動?

昨夜は「OBS大分弁放送」の「おいさん二人」の
こっそり堂(大分市坂ノ市の先)」トークに、
ほうーそう?して1秒後に、

笑ろうて笑ろうて、
夜遅くなった。

けんど、今日も朝6時に起きて、
しんごと を しったよ。

大分市コンパルにWエンジン
シングルエンジン?が来たよ。

スポーツチャリに乗って。

どこから、きたん?

ツイッターをフォローしてあげてね。。








1日中、学校の宣伝をしてた。。。


にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ

国語の先生ではありません。

僕は国語の先生ではありません。

(理系の方が食べられるだろうと思って、理系を選びました)

好きで、いや、悩んだ末に、
いや、まよいみちのさきに  が ありました。

その とうじ 命 の し を 考えていました。

詩って・・・

身近 ですよ 

短い 方が いい

本をつまみたい時に、
や短歌や俳句や川柳があるんですよ。

短文学が、長いと、
短文学の読み手の、息が切れてしまいますよ。


難しい言葉を知らない。
本は多読ですが、難しい言葉は何故か頭に残らない。

詩の作り方や文学を教わったことはありません。

独学です。

今でも助詞の使い方には、悩みます。
女子の扱い方にも、悩みます(笑)







にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ

松山千春さんは、優しい。。

厚生年金小ホールが始まりだった。


松山千春さんを見出した「たけださん」は、

いなくなってしまったけど。

千春さんの歌は、とびきり優しい!!







にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ

市川海老蔵さんから思う

NHK総合の「市川海老蔵スペシャル」を見た。


本物の役者の本領を見た。


一人の心でも、数多くの色がある。

その心の色が自然と選ばれて、自然と出されることによって、

多種の役柄になりきることが出来る。




彼は言う。



「困難に直面した時こそ、それを乗り切ろうと思う」







にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ

【愛詩】ポストカードのプレゼント

今日、妻の「みえみえ」が、
【愛詩】にポストカードを持って行きました。

時間がとれたので、
以前から作ろうと思っていたポストカードが、
やっと出来上がったそうです。

著作権のことを考えて、
「芳包」「みえみえ」「にぎにぎ」の詩にしたそうです。

もうすでに見に行かれた人には、
申し訳ありません。

必要であれば、お気軽に私に連絡してください。

行ったけど、もう無くなっていた場合も、
お気軽に私に連絡してください。


時間がかかるかと思いますが、
妻の「みえみえ」にお願いして、
作って頂きます。







昨夜は近所の焼肉屋さんで、
大阪から帰省した弟家族などと、
食ったり飲んだりしました。

妻の「みえみえ」は、
弟の子どもに
「谷川俊太郎」詩の「おならうた」
を贈りました。




にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ

男と女には
道具はいらない

いるとすれば



もちろん

男が 種を 蒔いて
女 という名の 土の中へ

深くへ
奥へ
奥深くへ と

女 という名の土が
ちきゅう
という なの しきゅう へ

種を たらし込む









にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ

8/31迄,大分市わさだタウン1F若竹園「雫の連なり」愛に濃い




ノートに書いて頂いた感想の抜粋


 写真と詩のコラボが、とてもすてきです。
 おにぎりくんの写真も、すごくかわいかった。
 詩を読んでいると、日常とは別の空間にいる感じがします。
 ステキな時間をありがとうございました。


 ポエムと写真が一体化され、
 幅が広がり、ポエムそのものも
 心にとどきました。


 知っている人の知らない顔を見てしまうと
 ドキドキしますね。


 写真も良くて、詩の中にすいこまれていった
 かんじでした。
 温かくなるモノや少しせつない・・・と、かんじるもの
 素敵ですね。
 すばらしい空間を、ありがとうございました。
 



  


 尚?ノートの「男性の感想」は、載せなくていいかな?すみません。


「愛詩」のフライヤーや「詩のボクシング長崎大会」のチラシや、
「にぎにぎ」の名刺を、どんどん?持っていってくださいね。




にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ

盆踊り盆踊り

13日の夜は、妻の実家のある宇佐市上乙女の盆踊りだった。
新参者?の私ではあるが、妻と一緒に踊りまくった。

妻の母親と「いいちこ」さん?から、
踊りのアドバイスを頂いた。

14日の夜は、
大分県東国東郡姫島村の盆踊りを、見に行った。


アヤ踊り
男性二人が、女性の周りをエネルギッシュに踊る。
女性が、冷静に優雅に踊っていることは見事だった。

踊りの輪からはみ出した、
体格のいい?メガネ君が一番元気だった。



7会場目だからか?
牛さんがヘロヘロだった。

牛さんにまとわりつくハエさんは、元気だった。
調子に乗って?太鼓の打ち手に抱きついていた。


 「踊りの中で、種を蒔くのは、やっぱ男なんだな!?」と、
  ある人が、言っていた。



にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ

シェリー尾崎豊

シェリー 俺は転がり続けて こんなとこにたどりついた        
シェリー 俺はあせりすぎたのか むやみに何もかも 捨てちまったけれど
シェリー あの頃は夢だった 夢のために生きてきた俺だけど      
シェリー おまえの言うとおり 金か夢か分からない暮らしさ      

     転がり続ける 俺の生きざまを                    
     時には無様なかっこうでささえてる                  

シェリー 優しく俺をしかってくれて そして強く抱きしめておくれ   
     おまえの愛が すべてを包むから              
シェリー いつになれば 俺は這い上がれるだろう           
シェリー どこに行けば 俺はたどりつけるだろう           
シェリー 俺は歌う 愛すべきものすべてに              


シェリー 見知らぬところで 人に出会ったらどうすりゃいいかい    
シェリー 俺ははぐれ者だから おまえみたいにうまく笑えやしない   
シェリー 夢を求めるならば 孤独すら恐れやしないよね        
シェリー ひとりで生きるなら 涙なんか見せちゃいけないよね     

     転がり続ける 俺の生きざまを                    
     時には涙をこらえてささえてる                    

シェリー あわれみなど受けたくはない                
     俺は負け犬何かじゃないから                
     俺は真実へと歩いて行く                  
シェリー 俺はうまく歌えているか                  
     俺はうまく笑えているか                  
     俺の笑顔は卑屈じゃないかい                
     俺は誤解されてはいないかい                
     俺はまだ馬鹿と呼ばれているか               
     俺はまだまだ恨まれているか                
     俺に愛される資格はあるか                 

     俺は決してまちがっていないか               
     俺は真実へと歩いてるかい                 

シェリー いつになれば 俺は這い上がれるだろう           
シェリー どこに行けば 俺はたどりつけるだろう           
シェリー 俺は歌う 愛すべきものすべてに              
     Wow・・・・                          






昨日、佐賀からの帰りの車の中で「中村あゆみ」さんが歌う
シェリーを聴いていた。

男は、自信が無い人が多い?
女性に、自分のことを分かって欲しいと思う。
自分の弱さを、女性に労わって欲しいと思う。



にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ

建築家への道「オランダのように海より低い村である」

木村芳包(父)著「建築家への道」(彰国社)の
詩「滑板」(スイタ)より。
(滑板は、有明海でムツゴロウの場所まで行く漁師さんの乗り物です)


  東京を去って行く歌


 希望にあふれた此の土地が
 希望にあふれて今去れる

 君と僕は
 高らかに
 こんな事を語る

 君は何だ
 僕は夢だ
 君は何だ
 僕は愛だ
 君は何だ
 僕は力だ
 夢の中に僕は生き
 愛の中に僕は大きくなり
 力の中に僕は進むのだ
 そして踏みこえて行くのは
 戦友の屍(シカバネ)に限らない

 希望にあふれたこの土地が
 希望にあふれて今去れる


    昭和十九年六月


    同じく「建築家への道」木村芳包著 より




 20代後半に父は、東京を去った。
 父の母の看病のためである。
 内心、口惜しかっただろう。

 父は、
 立原道造氏の様な技術的な器用さは無かったけど、
 中原中也氏の女々しさを打ち消そうとしていたと思う。
 
 父は、
 学問的には器用だった。
 知識欲が旺盛だった。
 考現学の今和次郎先生や、
 建築科なのに文学部の聴講生になって、
 會津八一先生の講義にも出て、
 先生のお供で、奈良の日吉館にも泊まった。



今日は、佐賀に行って来た。
父の先輩で、母の姉の旦那さんの川崎東氏の初盆参りに行った。

父は福富村から肥前白石駅まで自転車で行って、
汽車で鹿島高校に通った。





にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ

芥川賞22年度文藝春秋

芥川賞作品は、よく読みます。
純文学が好きだからです。

単行本では、買いません。
佐賀県で生まれたから?安い文藝春秋を買います。

みなさんも知っている通り、
今年度の芥川賞は、
赤染晶子氏の「乙女の密告」です。

アンネの日記とのコラボレーション?です。
赤染晶子氏は「アンネの日記」を深く調べてから、
この小説を書きました。

その努力には、素直に脱帽します。

技術的には、凄いと感じました。




僕の意見は、石原慎太郎氏と村上龍氏の意見に類似しています。

小説に、いや何でも、好き嫌いはつきものです。

川上弘美氏の作品の方が、すんなり読めたかな。

中上健次氏の作品の泥臭さには、感動しました。


僕には、ジャンルは違えでも、
つげ義春氏の「ねじ式」等の妄想(特に性交の)や、
「無能のひと」等の穏やかなやるせなさに

こころが魅了されます。

僕には貧しさが、いつもあるんだろうね。

(今だブラウン管の21型テレビで・・・
 じゃないですよ)


にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ

詩めくりスカートめくり

「詩めくり」が「スカートめくり」に見えます。

疲れてる!?

疲れてても?スケベ過ぎる!!


ちなみに?


    8月10日の詩

  どんな性交によっても

  決して癒されることのない女が

  不規則な浅い寝息をたてて眠っている

  明け方




    詩めくり 谷川俊太郎詩著 ちくま文庫より

    勝手に使って、すみません。








「教職員免許更新制講習」について、
どこまで書いていいんだろう!?

(「越後獅子」「ガード下の靴磨き」「圭子の夢は夜開く」を、
 教室で聞きました)

修了試験は、大変難しかった。




にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ

いのち の おおきさは だれだって おんなじ

アリ


アリを見(み)ると
アリに たいして
なんとなく
もうしわけ ありません
みたいなことに なる

いのちの 大(おお)きさは
だれだって
おんなじなのに
こっちは そのいれものだけが
こんなに
ばかでかくって・・・



 まどさん100歳100詩集
 いのちのうた「アリ」







まどさんは、やさしい。


ひらがなは、やさしい。



ぼくも けんきょ に ならないとね。


明日も7時に出て、
大分大学で「教職員免許更新制講習」です。
最後の1時間は、その日の授業に対する試験です。
でも、6時には帰れます。

8月9日の原子爆弾の犠牲になって、
学問を成就出来なかった洋一郎伯父さん(母の)の分まで、


あしたも がんばら ないと ね。



にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ

詩は"ココロの景色"

今朝の大分合同新聞の「読者の声」に、
7月24日に行った「みんなで自由に詩をつくろう!」の記事
を、
載せて頂いた。

ありがとうございます☆

フォトポエム展【愛詩】の紹介は、
大分合同新聞の8月中の毎週金曜の夕刊の展覧会のコーナーに、
載せて頂けるようです。

本当に、ありがとうございます☆



猛暑が続いているので、
最近は時間がある時は、家で過ごすことにしている。

本を読んでいる時が多い。



最近「詩についておもうこと」
一般の人が読めない(僕だけ?)漢字を使いたい気持ちはわかるけど?
その詩の意味が分からない。



にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ

猫は「苦が無くて、いいな!?」

月、火曜も教職員免許更新制の講習で、
「大分大学」に缶詰?です。

その日の講習終了時に、すぐテストがあるので、
今日も6時過ぎに起きて、
キーワードをネットで調べてノートに書き写して覚える?
予習をしていました。

ふと愛猫の「おにぎり」を見ると、
僕のデスクでグターットしています。


テレビの横では東京の豪徳寺で買った「招き猫ちゃん」が、
ドカット!しています。


猫は「苦が無くて、いいな!?」


にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ

家庭の一番上は「おにぎり」?

家庭訪問のラスト?は、
湯布院町川北だった。





湯の坪温泉に入ろうと思ったら、
通りは人と車と馬車でごったがえしていて、
車の運転も冷や冷やだったので?
入れなかった。

その後、
生徒が練習している乗馬クラブに行って、
帰宅してから風呂に入った。


にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ

夜は映画「HATI」で泣いた。
僕も柴犬が欲しい!?

猫の「おにぎり」は、今夜も散歩だ!
昼は暑いし妻も働いているから、
昼間は一人で、お留守番だからだ。

家の中には、
バッタや蝉がいて、大変だ!

僕の上には車があって、その上にはパソコンがあって、
一番上には「おにぎり」が、威張っている!

わたしはなめくぢの塩づけ わたしはゐない

無題(ナンセンス)

風 吹いてゐる
木 立ってゐる
ああ こんなよる 立ってゐるのね 木

(勝手に中略)

わたしはなめくぢの塩づけ わたしはゐない
どこにも ゐない

わたしはきっと せっけんの泡に埋もれて 流れてしまっ
 たの

ああ こんなよる



吉原幸子さんの詩である。
久し振りに感動した詩だ。





にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ

のだめハチクロ

6時に起きて6時に帰宅した。

教職員免許更新制講習に、初めて行った。

「ハチクロ」と「のだめ」等を題材にした授業だった。
斬新な授業だった。

(いろいろと?言いっこなしよ。
 教える方も、大変なんだから )







後、4日、行かないとね。


(最近「抱き締めたい(ハグ)」がモチーフ?の「にぎにぎ」でした)


にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ

屋根のない建築

久し振りに、テレビに教えられた。
建築家「手塚貴晴夫婦」が、
中央工学校の生徒二人に宿題を出した。
「屋根のない建築」

 中央工学校は、まだあったんだ。
 この学校のことは、
 東京にいた頃、父は建築家だったんで聞いていた。
 中央工学校は、創立100周年だとか。 
 父が仕事で知り合った田中角栄氏の母校で、
 角栄氏は校長を務めた。

僕も建築設計をしようと思ったけど、挫折した。
才能が無いのは勿論、粘りが無いから、建築家にはなれなかった。
詩を書かなくても詩的な毎日を送っていたことも、
建築家にならなかった要因でもある。

家がつく職業は、粘りが必要だ!
作家も。


手塚貴晴夫婦と共通することは、
にぎにぎ夫婦も共通の創造する手段を持っていることだ。

それはです。

です。

 がつくことが 僕らしい。

旅人も。。




にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ

アンディ・ウォーホルの家庭訪問

   時が経てば変わる、

  なんて言う人がいるけど、

 本当は、自分自身で変えなくちゃいけないんだ。

 
   アンディ・ウォーホル
  
   とらわれない
   
   言葉





今日から「家庭訪問」を始める。。


にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ

スクランブル交差点(夏の日差し)

ちっぽけと思いたかったけど
とてつもない思いを抱えていた君が
スクランブル交差点の斜め向こうから
前の人と横の人の間を縫って

走って来る

髪をそよ風の爽やかさにした君が
デパートのすぐ前の横断歩道から

人々が いろいろな思いを寄せている間から

僕に向かって
まっしぐらに飛び込んで来る

ちっちゃくて か細過ぎる姿を
思い出せない位
満面の笑顔が心地よい

君は 
悲しみや寂しさという名の感情さえも
ほとばしる汗 さえも
微笑みに かえて
僕の胸の中に 飛び込んで来る

好きだよ

僕も君も 人目など知らない

しかめっ面だった僕の
細い首に飛びついた君を

好きだよ の 思いを込めて
しっかりと 抱き締めている






にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。