2010年04月 のアーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事実?12歳で私が決めたコト?

今朝のズームイン!!で、
5月5日にデビューする13歳の中川あゆみさんの歌が、
流れました。

さっき路上の中川あゆみさんを、You Tube で聴きました。

涙が出ました。


事実?12歳で私が決めたコト?

♪7歳の時、私の前に6人の大人が・・・

 (7歳でも分かるからね。→今のママ(実母の母)の言葉)

♪誰がつけたんだろう?「あゆみ」という名前

♪産まれた後は、今の私の責任でしょう!?
♪だから、私は「あゆみ」を幸せにする


生い立ちを、辛らつな表現で詩にココロを載せた。

私小説の様な詩を、見事に曲にしている。


その曲を

13歳とは考えられない

抜群の迫力で唄う歌に

自然と魂が叫んでいる。



ココロにグイグイ

入って来ました。


涙が止まりません。




にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ
スポンサーサイト

演劇は大分弁で!

大分市の大在公民館に、
大分市アマチュア3劇団競演」を観に行った。









地元がモチーフの劇を、
大分弁丸出しのセリフで熱演していた。

大分県出身の妻が大笑い!する位だから、
大分県出身で無い僕は大声大笑い!!だった。

演劇のセリフや詩は、
方言で表現すると、その土地の微妙なニアンスが、
その方言が分からない人であっても伝わってきて、非常に面白い。


(僕の方言は大分弁、関西弁(京都弁)、東京弁(標準語)、佐賀弁と滅茶苦茶。
 きちんと方言が話せる人が、羨ましい!!)


にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ

あの鐘を鳴らすのはあなた

作詩入門(阿久悠著・岩波現代文庫)を読んだ。
(曲になった詩はあるが、僕は作詞家を目指している訳ではない)

あなたに逢えてよかった
あなたには希望の匂いがする
・・・・・・・・
街は今 砂漠の中
あの鐘を鳴らすは あなた
人はみな 孤独の中
あの鐘を鳴らすのは あなた


素晴らしい詩である。
分かりやすい表現だからか、
イメージが膨らむ。

阿久悠氏は「詞は文学ではない」と当たり前に考えている。
「詞は音を通して相手に伝えるものだ」とも語っている。

阿久悠氏は作詞家のトッププロだったから、
「詞は文学より商品だ」と強く思っていた。

でも、
阿久悠氏の詞の方が、最近の現代詩よりも、
文学的に優れた詩が多い。


勿論、大衆文学ではあるが。

最近の現代詩は「感情のマスターベーション」か、
ボキャブラリィの豊富さの自慢」が多い。

これでは、
人々は振り向かない!

中也や白秋や光太郎の様に、リズムが欲しい。
ことばのメロディ♪を奏でたい。




にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ

おにぎり君読売新聞に


読売新聞西部本社から電話がありました。

5月13日(木)の読売新聞の「私の一枚ペット投稿」に、
愛猫の「おにぎり」君が、デビューします。


おにぎり君の紹介

「四葉のクローバー」が大好きな?「おにぎり」君(4歳、男の子)です。
猫嫌いだった僕でしたが「おにぎり」君のお陰で、
仕事のストレスがなくなりました。
ちなみに僕と「おにぎり君」は、よく似ているそうです。






にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ

タクシー止めて

アーティストの横尾忠則氏は、
Twitterで、
「タクシーを止めてタイ焼き」を買った・・・と
語っていた。

日本を代表する政治家二人は、
「タクシー止めて札束」を頂いた・・・て
感じだろうな!?


にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ

バルセロナ

バルセロナといえば、

アントニオ・ガウディ

 サクラダ・ファミリア教会
 (ガクディ没後も、未だに造っています。
  ヨーロッパ、スペインの大らかな国民性でしょうか)

 カサミラ、カサバトリョ(曲線状のアパート)
 (使い勝手よりも、芸術性を求めた)


(建築を勉強してた頃、行ったことがあります)

TVで「城田優」君の第2の故郷が「バルセロナ」って事を、
知りました。

これから彼を応援します。






にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ

スキンシップ

こころ の

こえ の スキンシップ だけでは ものたりない そうです。

「先生!いいにおい?している」と、

近寄ってくる生徒が何故か多くなりました。

春なのに!

異常現象でしょうか?

ただただ??

○齢○が、あるかな?って思って。

オードトワレを使っているだけなんですけどね。




にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ

ぶるうらんど

アーティストの横尾忠則氏の初小説

ぶるうらんど」(文芸春秋社)を読んだ。

(現在、2作目、好評発売中!)

物語は来世?での4つの愛の物語で、構成されている。

大変読みやすく、考えさせられる素晴らしい小説であった。

アーティストの観察力は、

人間の心の洞察力にも通ずるものがあるようだ





にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ

フォトポエム「おにぎり は すりすり」


   ↓
大分市府内五番街の「お茶の若竹園」に展示したパネルです。

詩の投稿サイトpoecs で、大人気!!の

迷作「おにぎり は すりすり」です。

夏にまたフォトポエム展をします。

請うご期待、お願い致します



にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ

君の手に ココロをこめて

あいさつ は ことのは だけでは
たりない と 
思う

ココロをこめて 君の手を にぎる

朝の 君の手は 冷たい
にぎったあと 
君の ココロ は みなぎる

ココロをこめて 君の手を にぎる

昼の 君の手は 熱い

ココロをこめて にぎった けれど
君の まよい なやみ くちおしい

君のココロ は 冷たい

受け止めるしか できない

にぎった手を かえす手
自信がない ココロが折れそう

二つの手を 左手で ゆっくり包みこむ

強くにぎり返して くれるならいい

淋しい もどかしい

君の手に ココロをこめて
にぎり 続ける 日々





にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ

「おにぎり は すりすり」図書館に

昼間「佐賀県佐賀市立図書館」から電話がありました。

僕の詩集「おにぎり は すりすり」を、
2冊も置いて頂けるそうです。

大変ありがたいことです。

早速手紙を書いて明日送れるように、
小包にしました。

全国の図書館さん?連絡してください。

すぐに送りますよ!!







にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ

ロンバケ

全部見たこと無くて(ファンさん、すみません)
ワンセグで見れるときは、ココロ穏やかではありません。


僕のニックネームかなかな??
ファンとご本人?すみません。

(カープからジャイアンツの きむたく の一生には、
 こころ うたれ ました)


キムタクの普段着の演技は、こころ って感じです。

日曜の龍馬伝で、
今「岡田以三」に注目しています。

佐藤健君の演技の直向さに、心うたれます。

日曜、久し振りに
大分市のシネマ5に行きました。

抱擁のかけら


ペネロペはアカデミー女優だけど、
脱ぎっぷりがいい?


脚本家役のリュイス・オマール
脚本家のエージェント役のプランカ・ポルティージョの演技は、
サスガ です。



にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ

オダギリジョーが猫を

抱いていた。






家には

おにぎりジョー ?」がいる。。







にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ

春の雪は桜の花弁

水が枯れ行く小川の周りを
「桜の花弁は見納めかな」と思いつつ
いつもの様に ゆっくり歩く

春の雪は桜の花弁
一片一片が はらりひらりと風に乗って
近くの屋根や私の頭や私の周りの道路の上に
舞い降りて舞い降りてくる

春の雪は桜の花弁
道路の隅に積もった桜の雪の結晶を
こころで感じるだけでは物足りなくて
デジタルカメラの中に優しさを積もらせる

グランドでは小学生が
花冷え等関係無しに
元気一杯 野球を感じている
桜の雪が降り終わったら
熱い日差しに向かってプレーするんだろう

蕾から花弁へ花弁から雪の一片一片へ
たった一月のできごとだった

桜は一年後の輝きのために
穏やかに鼓動を整える






にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ

晃星堂書店の週間ベストセラーズ

今朝の大分合同新聞の「週間ベストセラーズ」は、
(大分市・晃星堂書店調べ)だった。

第8位に
もしも高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら
(岩崎夏海著)だった。
とてもいい本です。

みなさん!
高校野球に命をかけた野球部のマネージャーの「あっこ」の詩も載っている
詩集「おにぎり は すりすり」も、よろしくお願い致します。

詩「あっこ」は、昨年の詩のボクシング佐賀県大会で僕が準優勝した時に、
朗読してマスコミにも取上げられました。


にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ

大仏開眼

吉備真備きびのまきび(律令制を作った人)氏は、
凄い!(大昔なのに90近くまで生きた)


吉岡秀隆氏は凄い!
わびさび の 名優になった。
子役から!は珍しい。
脚本家の倉本氏や寅さんの監督の山田氏のお陰も、
あると思うけど。

北野たけしさん、お願いします。

高橋克典氏も凄いけど、
フルより隙間がある俳優を!
日本の こころ の映画を。
笠智秀氏が生きていたら!?


石原さとみ氏は、上手くなった。


おいだ氏は、何者?


國村凖(くにむらじゅん)氏は、名優中の名優。


認めて頂ける方がいい詩集目次

Twiitterにオノヨーコさんからメッセージが届きました。英語なんでよく分からないですけど。でも、とてもありがたかったです)

(歓迎会でした。この不景気な時○○会を、するのは・・・。あっさりした歓迎会でした。「職場外で、認めて頂ける方がいい」と言う唯一良い話がありました。20:55大分駅発の電車で帰りました)

帰宅したら大分合同新聞様から「読者の声」投稿の記念品が届きました。
大分合同新聞様、ありがとうごさいました。





「おにぎり は すりすり」詩集?の目次

猫の おにぎり
     
     おにぎり が 見ている夢☆
     おにぎり は すりすり

高校生
 (高校教師「にぎにぎ」の視点)
   
     自己紹介
     真っ直ぐで 輝く水面
     僕は 誰よりも 速く走りたい!
     紅葉樹(向上樹こうじょうするみき
     冷たい風
     三十三の蕾

自分自身

     嫌悪 焦燥 イライラ ドキドキ
     水の情景


 平和

     長崎が一番熱くて
          一番涙した日
     雲間に消えて行った若者を忘れない
     返してください!!
     あっこ
     猫ちゃん が 道路に

あとがき
『詩を、みんなが触れたくなるようなメジャーにしたい』

みなさん!宜しくお願い致します。


にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ

作家誕生、大分の誇り

始業式の担任発表の時、
悪童?達は、バンザイしていました?

但し、担任外の仕事ではキレソウ?です。

今朝の大分合同新聞の「読者の声」に、
「作家誕生、大分の誇り」という題で、
僕の原稿が掲載されました。


第40回九州芸術祭文学賞を受賞した
「伊藤香織」さんの作品「苔やはらかに。」について、
書いた文章です。

伊藤香織さん大分合同新聞さん、ありがとうございます。

 ◇「文学不毛」と言われてい
る昨今、大分に新進気鋭の作家
がデビューしたことを、県民と
して誇りに思う。(掲載文の最後)






にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ

詩人が感じたこと

大分県佐伯市弥生の伊藤香織さんが、第四〇回九州芸術文学賞を受賞した。「久し振りに大分に文学の灯が点った」言い過ぎだろうか。伊藤香織さんの作品「苔やはらかに。」を、文学界四月号で読んだ。(地方の文学賞受賞作が中央の文芸誌に載るのは珍しい)「行かず後家」を「生ず苔」やと思っていた(「苔やはらかに。」の引用)で始まる。最初の九行で、読者を「苔やはらかに」にぐっと引寄せる。重要な登場人物の四人を、伊藤香織さんは読者の心に掘り込む。選考委員の五木寛之氏は『「苔やはらかに。」は、独特のくせのある文体を巧みに使いこなして、他の候補作と一線を画している感があった』と、賞賛している。「文学不毛」と言われている昨今、大分に新進気鋭の作家がデビューした事は、県民として誇りに思う。大分には、安心院が舞台の「陸行水行」(松本清張)別府が舞台の「復讐するは我にあり」(佐木隆三)等がある。私も谷川俊太郎詩になろうと決意する。(ある新聞に400字以内で)

3月20日に「くまもと連詩」に行った。谷川俊太郎、覚和歌子、ジェローム・ローゼンバーグ(通訳ジェフリー・アングルス)、四元康祐、伊藤比呂美氏と日本を世界を代表する詩人が、そろった。通常1人の詩人のみで唄う「詩」を、敢えて数人で繋げ、「連詩」という大きな物語を作って、私達聴衆を堪能させてくれた。私の住む大分では、伊藤香織氏が第40回九州芸術祭文学賞に輝いた。選考委員の五木寛之氏は『「苔やはらかに。」は、独特のくせのある文体を巧みに使いこなして、他の候補作と一線を画している感があった』と、賞賛している。昨年末は、大分県安心院で「松本清張生誕100周年」の記念講演として、作家の阿刀田高氏が清張氏が安心院を舞台にして書いた小説「陸行水行」を、取り上げた。文学に興味を持つ人が少なくなった昨今、「松本清張生誕100周年」を終えて、九州が文学の新たな発信地になることを、期待する。
(ある新聞に400字以内で)





にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ

くまちゃんの「光の詩」

昨日は睡眠時間5時間弱で、
宇佐のばあちゃんの一周忌の法事に行った。


(宇佐は安心院は松本清張氏も愛した所。清張氏は北九州から安心院まで自転車で通って邪馬台国等の事を調べた。そして駅館川(やっかんがわ)が重要なキーワード?の小説「陸行水行」を書いた。宇佐神宮の参道には妻の先祖の富田久兵衛氏の碑がある。親戚の土産物屋もある。のに、申し訳ないほど?さっぱり?)

お寺さんは「例え病気になっても、そのことで心配してくれたり看病してくれる人のありがたみが分かる」と説いた。そして「説法をし出した頃、マキエさん(ばあちゃん)に『お釈迦様の変わりに説法するのだから、法衣を着なさい』と叱られた」と、感慨深く語った。

ヒサチュウ(妻の父)と一緒に熱燗をたらふく飲んだ。
僕が「囲碁をし出した」と伝えたら、喜んでくれた。


今日は「熟睡出来ない位たまらない背中の痒み」に堪えかねて、
久し振りに皮膚科に行った。
背中はムチ?での虐待の跡?みたい??


塗り薬を塗るのをサボっていたり、孫の手の使いすぎ。
叱られました。乾燥肌。
(でも?この冬は静電気でパチは一度も無かった)


昼食は久し振りに別府の十文字原に行った。

カフェ「光の詩」

リサさんの「ピアノの弾き語り?」を聴いた♪

僕は阿久悠氏の「作詩入門」(岩波現代文庫)を読んでいた。

リサさんはピアノが上手。歌も天使の声☆
英語の歌も歌える。

レパートリーも数多い!


ひかりライスセットと生チョコケーキだけの値段で、
チャージ料は要らなかった。


安過ぎ・・!!






にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ

ミモザベリーダンスPAN詩桜

昨日は、
「おにぎり君」のソファーを占領してまで、
昼寝をしようとしたけど、
一昨日のFMで「人生の1/3寝てるのはもったいない」が
記憶にあったのか、


午後4時前から電車で大分の街?に行った。
大分県で唯一の詩の勉強会「一期の会」に出席するため。
(腹は相変わらず。左の肩甲骨は、調和整体のお陰で、
 だいぶ良くなったけど)


大分駅で降りて先ず「晃星堂書店」へ。
詩集『おにぎり は すりすり』は売れてない。

5冊も売れたら!
大分合同新聞の「本の週間ランキング」に載るんです。
よろしく?お願い致します。。


だから?

このブログの「リンク」のランキング1位の
アーティストの「横尾忠則」さんが
3月2日(オノ・ヨーコさんが横尾さんの所に遊びに来た日)に、
詩集「おにぎり を すりすり」を
紹介してくれた記事
のラミネートを持って行った。

別人の様な度胸で「置いてください」と頼んだ。


1年近く前に置いて頂いた詩集を、
未だ置いてくれてるだけでも
、晃星堂書店さんには、
感謝しています。

なのに?またお願いしてすみません。

若草公園では10代の子達がアッチチ?してた。
城跡公園ではサラさん達が肉をアッチチし過ぎ?

桜(森山直太郎の)を『十三夜』のオーナーの
「森進一郎(初代かぐや姫⇒リーダー南こうせつ)」さんが、
唄ってた。森さん60歳なんだって。

寒い 寒い

その後も
寒さが厳しくなってるのに!

ベリーダンス☆ミモザ♪
とても癒された?
にぎにぎ、おっかけするかも?
ミモザ三姉妹!ごめんなさい。。.
. .


そして?やっと詩の「一期の会」

長崎のことを「ながちゃん」と表記してる詩を読んだ。
「ながちゃん」が・・・??

一期の会で画集(定価6,000円以上)を4冊、
1冊800円でゲット?した??
詩の勉強会でだよ。。


詩を勉強した人達で「庄屋」で1人2,000円で飲んだ後、
大分駅までとアーケードに入ったら

万年青さんリョウさんの
「竹取の翁PAN」(アコステックとケーナ」に、
久し振りに ぶつかった !!

リョウさんのケーナは、バージョンアップしてた。
(音痴が評論家みたいで、すみません)




   





今日は「ばあちゃん」の一周忌です。
ヒサチュウの宇佐に行きます。。。。。



にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ

勝間和代VS女子大生

昨夜は腹がパンクして?早寝した。

録画していた
「ニッポンのミカタ!
 たけし国分VS女子大生“女の幸せ”激論SP」
を、
見ている。

(女子大生というのはおかしい。男子大生とは言わない)

(国分太一氏は幾つになった?
 相手を引き出す司会術の上手さは、努力の賜物だ)


勝間和代さんは機関銃だ?
離婚回数は、僕と変わらない?
でもそのことに対する分析力は凄い!
(女と男の違いがあるかも?)

勝間和代さんは、数字に強い。

数字に弱い?
(自分がいくら稼いだか!?知らないらしい。
 奥さんからの小遣い制らしい。どれ位もらってるの!?
 収入が少ないのに、未だに過去の紐付きの僕には、難しい制度?だ
ビートたけし氏は、
「離婚しても困らない様に、
 スキルアップ等の自立の準備等の努力をしている人は、
 意外と離婚しない。
 旦那は、その直向な姿を見て、とても愛しいと思うから☆」等と、
言っていた。(にぎにぎ少し脚色?)


今、わが妻は『仕事をし出してフォトポエム展でも頑張り』
泣き言ばかりの僕より、数段輝いている☆
(とても疲れているようでは、あるが)





にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ

四月になれば彼女は

四月になってしまいました。

エープリルフールだからと嘘つきごっこ?してた頃が、
懐かしい。


やり方が下手な!食べるためにのみ頑張る!会社員です。
(数字と舌を使って!出世への努力をする!のが、会社員なのかな?)

本職の「詩を広める」運動がまだまだなのは、
僕に「実力が無いこと」と「実力アップのための努力」が、
不足しているからです。


(食べるための仕事に振り回されない様に、しよう)

芸術は♪人生は☆突然大噴火を起こして!!
阿蘇山の様に、素晴らしい景色を一気に作るかもしれない★

明日は分からない。。

だからいつまでも希望を友としてしていれば、
いつかきっと、夢の中に入り込めるだろう★




万年青さんが弾く
「四月になれば彼女は」(サイモン&ガーファンクル)の
ギターに合わせて、

詩「あっこ」を朗読しています。



にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ

中原中也 には なれないけど ・・・

みんなの 中で 生きさらばえて ます。

すみません。。

太宰治や
真反対的な?村上春樹氏を避けてましたが・・・

中原中也だけは、
「骨」の詩だけは・・・


これからも

2度目の人生を
大分で 生きさらばえます。。






にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。