2009年02月 のアーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8年に、なるかな?

やっと家建てて、ローンローンローンですが、
8年になろうとしています。まだ?

台風で?玄関ドアがプチ破損?したのか??
ドアの下は、ガムテープ貼ってます。

(8年の家では、日本で最悪な家と思ってます)

(台風が来たから!塀を作りました)

安普請?デッキが?家具が?扉が??

CIMG4268_256.jpg

が ☆

にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ
スポンサーサイト

三十三の蕾(再編集)

校庭の桜が 君を連れて来た
希望と不安で心が満開の君を連れて来た
桜の花弁が散った後
大人になる前の蕾達は

時には 頑張った成果が出て
喜びで 瞳がキラキラと輝いた
 厳しかった顔が 思わず緩んだ
時には 大人の考えに納得がいかず
怒りで 瞳が血走った
 拳でコンクリートの壁を殴ってしまい
 怪我をしたこともあった

時には 悔しくて悲しくて
瞳に溜まった涙が 溢れ出そうになった
 歯を喰いしばったけれど
 涙が落ちるのを止めることが
どうしても出来なかったこともあった 
時には クラスメートのユーモアが
とてもおかしくて 瞳に笑みを浮かべた
時には 担任のギャグが下手過ぎて
無口な蕾の口元も緩んだ
 あまりのくだらなさに
 頭の中を占めていた悩みが
 少し小さくなった

「卒業」おめでとう☆
部活が終わった後の進路が決まった後の
心に ポッカリと空いた大きな穴を
「卒業」が少し埋めてくれる
「卒業」が
大きくなった蕾を開かせてくれる!
四月になれば三十三の蕾も
満開になるだろう
花弁は やっと大人の気持が分かるはず
拳は上げろ!
拳を空高く突き上げて
自分と戦ってほしい!

  (詩は「詩のボクシング用?受け狙い(結は感動させたい」「文学」の、
  どちらかを選んで
  どんなときも、起承転結(特に 起 結)が重要です。。。。)

規定を、めい一杯、意識して詩を作る。
その詩の構想から1ヶ月かけて、自分を追い込んで、
やっと詩が出来た!!
 
  
  大分合同新聞は、
  題名、作者の氏名の2行も含んで
  400字詰め原稿用紙2枚。
  
  1行18文字で印刷されるから
  18文字で40行を意識して作ってます。
  20文字をめい一杯使って、
  最後の二文字が意味も無く
  改行されるのは、嫌ですから。  
  
  詩のボクシング用?は
  原稿用紙5?6枚。
  行間も大切にしています。
  
  ストップウオッチを首にぶら下げて
  3分以内の朗読練習をしています。
    
にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ

三十三の蕾(編集版)

校庭の桜が 君を連れて来た
希望と不安で心が満開の君を連れて来た
桜の花弁が散った後
大人になる前の蕾達は

時には 頑張った成果が出て
喜びで 瞳がキラキラと輝いた
 厳しかった顔が 思わず緩んだ
時には 大人の考えに納得がいかず
怒りで 瞳が血走った
 拳で コンクリートの壁を殴って
 怪我をしたこともあった
時には 悔しくて悲しくて
瞳に溜まった涙が 溢れ出そうになった
 歯を喰いしばったけれど
 涙が落ちるのを止めることが
どうしても出来なかったこともあった 
時には クラスメートのユーモアが
とてもおかしくて 瞳に笑みを浮かべた
時には 担任のギャグが下手過ぎて
無口な蕾の口元も緩んだ
 あまりのくだらなさに
 頭の中を占めていた悩みが
 少し小さくなった

「卒業」おめでとう☆
部活が終わった後の進路が決まった後の
心に ポッカリと空いた大きな穴を
「卒業」が少し埋めてくれる
「卒業」が
大きくなった蕾を開かせてくれる!
四月になれば三十三の蕾も
満開になるだろう
花弁は やっと大人の気持が分かるはず
拳は上げろ!
拳を空高く突き上げて
自分と戦ってほしい!

にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ

少年メリケンサック 歌詞

20090221_533866.jpg

メリケンサックは拳の威力を10倍にするアイテム?でした。

少年メリケンサックのパンクの歌詞の一節です。

『ニューヨークマラソン♪』

ボーカルのカツゼツ悪くて!?そう聞こえたみたいです。
 
 ノーパン喫茶で『農薬飲ませろ』が本当の詞です。
 朝も早から『農薬飲ませろ』が本当の詞です。

 ノーパン喫茶(懐かしい?)と、朝も早から
 は、
 カツゼツ悪かったボーカルは
 何と歌ってたんだろう??

佐藤こういち様は、篤姫に言ってました。

「お前の彼氏は、○○こ、大きいんか??」

こういち様ファンは、おったまげ(古い)です。。。

にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ

生きてるから 動きます

「三十三の蕾」(詩2009)の

 拳を ものにぶつけたこともあった
                   を⇒
 拳で コンクリートの壁を殴って
 怪我をしたこともあった
                 
                   に

変えました。

詩のボクシングの佐賀大会の打ち合わせについて
興味がある人?は

福岡発アジア映画行き

じゃんぐる公園の
人生は、ドラマじゃ。
を       見てください。

お願い致します。

にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ

フォトポエム 三十三の蕾

フォトポエム 三十三の蕾統合_256

3月3日に、三十三の蕾に配るために「Photo shop」と格闘をした?!
み○み○に、教えてもらいまくり!!だった(仕事を中断させてしまった。すみません)

文字の色と字体で悩んで、サンプルとして
10枚もプリントアウトしてしまった。

にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ

 三十三の蕾(工業科一組の卒業生に捧ぐ)

校庭の桜が 君を連れて来た
希望と不安で心が満開の君を連れて来た
桜の花弁が散った後
大人になる前の蕾達は

時には 頑張った成果が出て
喜びで 瞳がキラキラと輝いた
 厳しかった顔が 思わず緩んだ
時には 大人の考えに納得がいかず
怒りで 瞳が血走った
 拳を ものにぶつけたこともあった
時には 悔しくて悲しくて
瞳に溜まった涙が 溢れ出そうになった
 歯を喰いしばったけれど
 涙が落ちるのを止めることが
どうしても出来なかったこともあった 
時には クラスメートのユーモアが
とてもおかしくて 瞳に笑みを浮かべた
時には 担任のギャグが下手過ぎて
無口な蕾の口元も緩んだ
 あまりのくだらなさに
 頭の中を占めていた悩みが
 少し小さくなった

「卒業」おめでとう☆
部活が終わった後の進路が決まった後の
心に ポッカリと空いた大きな穴を
「卒業」が少し埋めてくれる
「卒業」が
大きくなった蕾を開かせてくれる!

四月になれば三十三の蕾も
満開になるだろう
花弁は やっと大人の気持が分かるはず
拳は上げろ!
拳を空高く突き上げて
自分と戦ってほしい!

にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ

自宅研修

明日は卒業予定君たちの登校日だ。
(昨日お願いした連絡網は最後返って来なかった)

卒業式の前日は賞状授与式だ。
なのに?2月中旬に届くと確かに聞いた!
吟詠の全国表彰状が、まだ届いていない。


ネガチブ にぎにぎ は 万一のときは
どうしよう!?と不安いっぱいです。


(吟詠部の顧問で担任の にぎにぎ は 
 上に届きましたか?と聞いたり
 外部に 2本も電話したり)

 字が下手な にぎにぎ は
 昨日今日と「卒業アルバムに貼って!」と
 メッセージシールを作りました。おにぎりマスコットの写真を入れて)

にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ

かあさんになったあーちゃん

やさしい現代詩「自作朗読CD付き」(三省堂)を、
少し前に買って、楽しんでます。


谷川俊太郎氏 新川和江氏 白石かずこ氏は
ご存知かも、しれません。

17人の詩人の自作詩の朗読です。

ねじめ正一氏は、ご存知ですか?

直木賞をとられた方です。

ねじめ民芸店の店主で、詩人です。

最初の「詩のボクシング」は、
谷川氏と ねじめ氏 との バトルでした。
(僕はCDで聴きました)

そのバトルの時は 小さかった あーちゃん が
かーちゃん に なりました。

 かーちゃんになったあーちゃん

 ねじめ正一

  あーちゃんは いつつのおんなのこです。
  かあさんのおけしょうするのを みていると
  あーちゃんも

  (すみません途中略します)

  「あーちゃん どこにいってたの!」
  ほんとうのかあさんのこえが
  かあさんになったあーちゃんのうしろから
  ドキン ときこえてきて
  かあさんがはしってくるおとが きこえてきて
  かあさんのてが せなかにさわって
  かあさんのいきが くびにあたって
  きがついたら かあさんになったあーちゃんは
  ほんとうのあーちゃんにもどっていて
  ほんとうのかあさんに だっこされて いました


にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ

ない ある おっと

ナイチンゲール

アルチ○ゲール

オットト??


女  男  夫 

  ホルモンを食べる女は嫌や!?
  ○○○臭いんだよね。

  ホルモン食べた女が
  寝○でも したら 飛び上がる!!

  ユカリ?が「さんま御殿」で言ってた。

急性お○○ げー○ 症 に
また??なった。

にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ

ガラスの破損

来年度の準備のために、教室掲示用の額の
ガラスを家で捜した。

片付け王!だけど、よく物を捜す。疲れる。
(考えなしに片付け過ぎ)

家中を3回回った。寒空の中、倉庫まで。

あった。

箱の下に、けれど割れていた。割れやすい!?管理不足!?

 コンクリートの壁に額を吊るすのは難しい!
 普通のフックでは、額の重みでフックが外れる。
 重みで額が外れた経験?からガラスを外してたんだけど・・・
 コンクリートに
 一本木を貼り付けていてくれていたなら!?

今日は、実習で使う皮手袋が何故か一つ足りなかったので、
新しい皮手袋をおろしたら、
実習服が、粉まみれになった(あちゃー)

物に泣かされた1日だった。

にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ

ポストスライムの船

芥川賞に輝いた「ポストスライムの船」(津村記久子氏)を、
文藝春秋3月号で読んだ。
(数年前から、芥川賞作品は掲載されている時だけ
 文藝春秋を買って、読んでいる)

30歳になろうとする工場の派遣で働く主人公の女性が、「世界一周」のために、毎日をつつましく生活し、あるときは手帳に使った金額を書いて反省する。

山田詠美氏は選評には、
「行間を読ませようとなどどいう洒落臭さはみじんもなく、書かれるべきことが切れ良く正確に書かれている。目新しい風俗など何も描写されていないのに、今の時代を感じさせる。と、同時に普遍性もまた上等な仕事。『蟹工船』より、こっちでしょう。」書かれている。

ピアス 麻薬 タトー 近親○○ など 陰も形も微塵も無い。

尚、僕が好きな山崎ナオコーラ氏と田中慎弥氏には
また頑張ってもらいたい。

(吉本隆明氏(吉本ばなな氏の父)は「読書の方法」(光文社文庫)の中に、
 「芥川氏より太宰氏の作品が好きだ。才能を感じる。最近の小説はくだらないものが多い。二人の村上氏と山田詠美氏だけは、いい」と書いている)

にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ

詩?「○○ちゃんの 叫び 大賞 ♪」

「詩のボクシング」に関わってます?
2/22に「佐賀大会の話し合い」に行きます。

詩は、誰でも読めて、誰でも楽しめて
誰でも笑える涙するものであってほしい!!のです。

僕は深刻を避けているのかもしれません。
深刻なことを書くこと、叫ぶことはあっても?
深刻以上の詩は、いかがなものかな?と
思います。

楽しく叫びましょう!!

「湯布院の牛肉絶叫大会」のように!

「欽ちゃんの仮想大賞」のように
頑張った人、工夫が見える人は合格にしましょう!!

「努力賞」「アイデア賞」「パフォーマンス賞」等、たくさんあげましょう!

画一的な評価は、難しいのですから!!

にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ

ともだち

20世紀少年第2章を見ました。

a6215922c620c004_256.jpg

「お面を外したら友達になってくれる!?」
(忍者ハットリ君のお面がほしい!
 七色仮面とナショナルキッドのお面もほしい!)

飽きさせない映画でした。

「絶交しないでください!」

バハハーイ

にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ

文学 家元制度

ですか?

今日は二月に1回の「詩を語る会」に行って来ました。

詩学(残念ですが、廃刊になりました)の
2005年12月号がテキストでした。

 地球の眠り方
          樋口伸子 氏

(省略してすみません)

歩き疲れた地球も眠りたいのに
誰も地球の眠り方を知らないなんて

(省略してすみません)

地球が1個地球が2個地球が3個・・・

もういい もういい
もういいから 今度こそ
おやすみなさい


意見が宙に舞って降りた後、

短文学の本は
俳句10万(家元の本は買ってください)
歌1万 1,000という話をしました。

日本人は
型(かたち)が好きだから?
日本人は余韻を楽しみたいから?

日本人は
せかっち?だから??

特に俳人の先生!勝手な考えですみません。
平にお詫びします。どうもすみませんでした。

にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ

フオトポエム 水の情景

フォトポエム 水の情景_256

僕が『水の情景』の詩を作ったときに、
妻の み○み○ が、熊本の「池山水源」の写真に
僕にもあった?「澄んだ気持」を入れてくれました・・・


にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ

新聞に 久し振りに 詩が

載りました。

   水の情景

住んでる市(まち)を抜け出して 
自然の 中に 自分を置きたかった
今日は よく行く高原で
止まることは無かった 車を風に任せた
県境で 一度車を降りて
山と山 草と草 牛と馬の
茶色と緑の風景の中に
からだ を 滑らせた

もう少し 車にがんばってもらった
『花の温泉館』 名前に惹かれた 
以前は 温室だったようだ
温室で育ったバラの花弁(はなびら)の様に
私は お湯の中に 肌を滑らせる

近くの池山水源では
水がひっきりなしに 湧き出ていた
真ん中の蛇口から
伸び伸びとした水を
小さな容器の世界に移した

蛇口から少し歩くと
水が
人里に最初に現れるところが あった
透明な色が こんなに綺麗だなんて
初めて知った
透明な色は
遠近感さえ 分からなくさせる

無垢な赤ん坊では あるまいに
私は 母の羊水の中で
安心して 静かに眠っていた

私は いつまでも続く安心の中に
からだ全体を こころの奥の奥を
透明な あなた に 任せていた 


 (9/28に新聞社に郵送した詩です。
  2/3の4/4席です)

 
 (優秀作品の最後の三行は 
  
  氷の壁は 誰かが崩すのではなく
  自分で壊していくものなのだろう
  心が融けるのは そこからなのだ

  【評】最終行
  何故か、凍るにしろ、融解するにしろ、
  その作用、反作用の連鎖、連続が
  人生そのものなのだから       )

  良い?詩は、作者が人生の困難にぶつかった後に
  得ることができたものを読者に明確にする作品こそ
  らしい??

僕の詩は「立原道造さん、中原中也さん?」的
過ぎる?のかしら??

僕の詩は心象(心のスケッチ)
僕の詩は情景(季節のスケッチ)

体験したものに、詩が向かう。

にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。