未分類 カテゴリーの一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大分の「詩にプチ興味」さん達、集まれ。

江戸時代まで、短文学は「俳句」と「短歌」が、主流だった。

明治になってから日本の詩は、詩という形を作った。

詩よりは起源が古いが、
もっと後に認められた川柳が、
今はみんなが好むものになっている。

「詩は難しい」
「詩を理解することは間違っている」
等、
2ちゃんねるには、そういう書き込みもある。

でも今金子みすゞさんの詩が、
テレビで流れるように、
もっと、詩は身近であっていいはず。

石垣りん」さんの詩や「山之口獏」さんの詩や
谷川俊太郎」さんの詩や「柴田トヨ」さんの詩のように。

という思いがあって、
隔月の土曜の夜6時から
大分市コンパールホールで行っている
一期の会」(大分で詩のことを語れる唯一の会)に、
参加した。

その前から「一期の会」の代表とも、
大分に「新しい詩の会」について、メールをしていた。

6/4(土)の「一期の会」の時に、
具体的なことを決めようと思っている。

詩人の伊藤比呂美さんが隊長の「熊本文学隊」や、
佐賀県で老若男女が集まって詩について語る「畷(なわて)」等が、
僕なりの目標だ。

興味がある人は、
ひとつでも好きな詩がある人は、
「一期の会」を覗いて頂きたいな。
質問等は、左の僕のメールアドレスにどしどしメールしてほしい。

尚、会費は500円。
「一期の会に参加」と「新しい詩の会に参加」は、
切り離して考えていいと思う。

昨夜の「一期の会」の後、居酒屋で、
ある若い女性が言ったことを引用すると。

「ノルウェイの森」(村上春樹氏著)の中で
主人公が恋人に久し振りに逢う時、
雨が降っていた。
主人公は傘をさして、彼女を抱き締めた。
「彼女は傘なんかいらない」と言った。


これからの詩は、
そういう「熱い純粋性」が大切だと思う。




写真は、最近、心に引っかかった本。
「泉谷しげるベスト曲集」「チョコレート革命(俵万智詩著)
「すみれの花の砂糖づけ」(江國香織詩集)


「すみれの花の砂糖づけ」は、こころに入った声が多く、
ピンクの付箋をたくさんつけた。

他に「夜露死苦現代詩」(都築響一詩著・筑摩文庫)も、
普段の人々の思いが詩になったことを取上げていて、
とてもいい本だ。


にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ
スポンサーサイト

始めまして

七転び八転び!

でも、なんとか暮らしてます。妻と猫と戯れながら?



最近は、少し「詩のボクシング」に、はまってます。

これからも、お願いしまーす。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。